10か月の子供と一緒に引っ越し

結婚後賃貸に住んでいましたが、子供が産まれた事を機にマイホームを購入しました。その際の引っ越し業者選び、荷造り、引っ越し当日、荷ほどきについて記載します。

引っ越し業者選びは、今回は持ち家への引っ越しとなるため値段よりもサービス重視で探しました。ネットの口コミを調べるとやはり値段とクオリティが比例していることが多いようで、床や壁に傷がつくことは避けたかったので大手の養生をしっかりすることをウリにしているアート引越しセンターにお願いすることにしました。繁忙期ではなかったので、時間指定が出来ない代わりに12万ほどでおさまりました。

荷造りについては、当時子供は10か月だったので、時間がかかることを想定し2週間前から準備を始めました。主人が休みの時を中心に片付けましたが、時間的にはぎりぎりでした。タオルは緩衝剤として使うと便利でした。家電等もバスタオルで包めば問題なく梱包できました。また、アート引越しセンターの段ボールは中身や持ち込む部屋を簡単に書き込めるデザインになっているのでそれはとても助かりました。

068374

参考出典:引っ越し安い
引っ越し当日、作業員の方から子供がいるので、着いたらまず子供の寝る場所を確保できるようにとアドバイスを頂き、子供の寝具とおむつセットなどの身の回り品をまとめてそれは最後に乗せ、現地到着後最初に子供部屋に運んでもらえたのでとても助かりました。作業時間は朝一で開始しおよそ半日で終わりました。途中、冷蔵庫や洗濯機、ベッドの下に敷くことのできるフロアマットのようなものの購入を勧められ、一枚が結構なお値段でしたが、引っ越しの忙しさと一生懸命に作業している方に勧められたことも有り何枚か購入しました。もし、事前に準備できるのであればホームセンターでもっと安価なものが用意できたと思います。

無事引っ越し完了後は、すぐ必要なもの以外は全て物置部屋に移動させ、最低限に荷ほどきをして新居の生活がスタートしました。子供がいるとなかなか物置部屋には行けず、結局そこの段ボールをきちんと荷ほどきするまでに半年かかりました。

振り返ると、小さい子供がいる中で最大限うまくいった引っ越しになったと思います。